poisson
tutorial/ Smode/

Smode とは?

今回はフランスのソフトウェア Smode について紹介していきたいと思います。
(この記事のほとんどが公式サイトの日本語訳のような感じになります)

まずはこちらの動画をご覧ください。

特徴

・2D/3Dコンテンツのリアルタイム制作
・パラメータ変更のリアルタイム反映
・GPUを使った高速レンダリング、4K以上の解像度に対応
・コンテンツデザイナーのためのものなのでプログラミングの知識を必要としない
・AfterEffectsのようなレイヤー構造、タイムラインアニメーション
・3Dステージシミュレーションから本番までの制作・編集

主な機能

・画像・動画合成、エフェクト、マスク処理
・3Dエンジン
・ポストエフェクト、カメラマッピング
・タイムラインアニメーション、ループアニメーション
・Video camera, Audio, SPOUT インプット
・MIDI, OSC, DMX, Art-Net コントロール
・GLSL Shader

REQUIREMENTS (動作環境)

https://smode.fr/doc/quickstart/requirements.htm
Windows8, 8.1, 10
 ・最低1GBのディスクスペース
 ・最低 DDR3 2133 memory 4GBと64 Bit CPU
  →Intel Core i7 以上
  →AMD Turion or Opteron family and greater
 ・最低 1GBのGPUメモリ
  →NVidia GeForce 580 GTX 以上
  →NVidia Quadro 5000 以上
  →AMD FirePro V5900 以上
  →AMD Radeon HD 5xxx 以上
 ・Intel, Matrox やその他の GPUはまだ対応していません

MacOSX10.9以上
MacOSX は有志で進めているプロジェクトだそうです。
その為サポートは受け付けられず、自己責任で、とのことです

事例

ライブステージ、インタラクティブコンテンツ、プロジェクションマッピングなどの大規模な演出から、2D3Dの映像制作まで幅広く使われています。
フランスでのSHOWやライブ現場などでは70%のシェアを誇る。

ライセンス形態

以下の二つの形態があります
・Smode Studio (Free Edition)
・Smode Station

Smode Studio

このライセンスではSmodeのほとんどのフル機能使用可能
ファイルのセーブ可能
商用利用可能
ウォーターマークなし
Live/SPOUTのアウトプットはHD(1920×1080)に制限

Smode Station

プランによってFullHD1枚から4Kを6枚まで出力可能
MTC, LTC, Artnet, UDP, トラッキングなどの複雑なライブ環境に対応
膨大なビデオプレイバック容量(4k×13 HAP video layer @ 50fps)
日本に代理店あり( https://smode.fr/partners/ )

Smodeを始めてみよう!

公式サイト
Document
チュートリアル
フォーラム
Facebookユーザグループ

今後Smodeのチュートリアル記事・動画を上げていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

Back